はじめから許されてるんだ

今日は、

私は好きなように生きることを許されてんるんだ。

っていう感覚になった。

すごい成長だと自分で思う

私は自分のしたいことを自分で選んで良いんだ。

って。

この病気になる人は私の経験上

自分のしたいことじゃないことを続けてるとなるんじゃないかなぁと思ったりする

私は小さい頃から親のいうことをよく聞いてきた。

そして自分の気持ちは言わず我慢してきた。

遊ぶとき妹を置いていくな

妹とバレエに通ってた時はお姉ちゃんの私がいるからと他の子たちはお母さんが着いてくるのに着いてきてくれたことはなかった

バレエをやめたいと言ったとき、

病気で勉強できなくて学校やめると言ったとき、

いいよって言ってもらえたことはなかった

高校も自分の行きたいところを一緒になって選んでほしかった

知らず知らずのうちに私は自分のすることは許されないんだと無意識に思ってきたんだと思う

良い子でいた

きっとこの病気の人はみんな物分かりが良い。

だから良い子になってしまう

きっと当事者と一緒に過ごしてきた人はそうだなと思うと思う

もっとその子の意思を尊重してあげて

受け止めて受け入れてあげて。

そう思う。

親がうるさいから自分のしたいことをしちゃだめなんだと思ってたんだろうな

だから私はこの病気の親は知らず知らずのうちに

過保護な人多いんだろうなと思う 笑

おしまい。

ブログ村のランキングに登録しています。
励みになるので応援クリックして下さいね

ブログランキング・にほんブログ村へ